みそポタージュ・スープギフト通販

MISOPOTA KYOTO ONLINE STORE

お歳暮に みそポタギフトお歳暮に みそポタギフト

お年賀を贈るときのマナー

お年賀とは?

個人では、日頃お世話になっている実家や親戚・仲人・上司などのご自宅に。企業ではお得意先や取引先を中心に「年始回り」として、新年のあいさつに伺う際、持参する手土産がお年賀です。

お年賀はもともと、扇子やはがきなどの品物を持って、一軒一軒あいさつにまわり、新年の祝いの言葉を交わして一年の無事と長寿を祈るものでした。

お年賀を贈る時期は?

ご自宅に伺う際は、元日や午前中を避け、正月の松飾りを外す「松の内(※)」までが目安です。企業では仕事始めの日から、松の内までとなります。

※松の内とは
関西 1月2日~1月15日ごろ
関東 1月2日~1月7日ごろ
お年賀を贈る時期を過ぎてしまったら?

松の内を過ぎてしまった場合は、立春を迎える2月初旬までに「寒中見舞い」として贈りましょう。一年の最も寒い時期にお互いを気遣い贈るのが寒中見舞いです。

お年賀の のし紙の体裁は?

のし・水引 紅白のし紙・蝶結び
※何度あっても良いという意味から、お年賀には、繰り返し結び直せる蝶結びを使います。
※海産物の場合はのしなしに。
表書き 御年賀
御年始
名入れ 贈り主の姓
(知り合いに同じ姓の人がいればフルネーム)
お年賀に贈る金額の目安は?

3,000円程度が目安です。
なお、お歳暮を贈れなかった場合は、お歳暮と同程度(3,000~5,000円)の品を持参するとよいでしょう。

お年賀に贈るものは?

定番のタオルや手ぬぐい、日持ちするコーヒーやお菓子に加え、お節料理でもてなされる場合などはその場ですぐに口にできる食品や「こだわりの逸品」なども喜ばれます。

■当店のお年賀ギフトおすすめポイント

  1. お野菜のポタージュに、お味噌のコクを加えた「見た目も華やかなごちそうスープギフト」
  2. 健康志向の方に喜ばれる厳選素材と化学調味料無配合
  3. 常温で長期保存可能な常温パックやフリーズドライ商品もあるので、直接お渡しでも安心

みそポタ・寒中見舞いギフト一覧へ

寒中見舞いを贈るときのマナー

寒中見舞いとは?

一年のうちで最もが寒さが厳しいとされる時期(寒中)に、お互いの安否を気遣い、健やかに過ごせるよう、日頃の感謝の気持ちを込めて贈る品物やお見舞状のこと。
年末年始にお歳暮・お年賀を贈れなかった場合や、先方が喪中の場合などに、寒中見舞いとして贈る場合もあります。

寒中見舞いを贈る時期は?

松の内を過ぎた、寒の入り(1月6日前後の小寒)から、2月初旬の立春までが目安です。

贈る時期を過ぎてしまったら?

2月末を目安に、余寒中見舞いとして贈りましょう。
余寒とは、立春後に「まだまだ寒さが続きますが、いかがお過ごしですか」という意味です。

寒中見舞いの のし紙の体裁は?

のし・水引 紅白のし紙・蝶結び
※何度あっても良いという意味から、繰り返し結び直せる蝶結びを使います。
※海産物の場合はのしなしに。
※先方が喪中の場合は、水引やのしをさけましょう。当店オリジナルの掛け紙(無地のし)には、冬も緑を絶やさない松の紋をあしらっているのでオススメです。
表書き 寒中御見舞
寒中御伺
(贈り先が目上の場合)
名入れ 贈り主の姓
(知り合いに同じ姓の人がいればフルネーム)
寒中見舞いに贈る金額の目安は?

お歳暮やお中元と同様で、3,000〜5,000円程度が目安です。あまりに高額なものを贈るとかえって相手の方を困らせてしまうので注意しましょう。

寒中見舞いに贈るものは?

相手の体を気遣う姿勢を大切に、ちょっと贅沢な鍋などの食材や日本酒、芯から暖まるスープなどが喜ばれます。

■当店の寒中見舞いギフトおすすめポイント

  1. お野菜のポタージュに、お味噌のコクを加えた「見た目も華やかなごちそうスープギフト」
  2. 健康志向の方に喜ばれる厳選素材と化学調味料無配合
  3. 常温で長期保存可能な常温パックやフリーズドライ商品もあるので、直接お渡しでも安心

みそポタ・お年賀ギフト一覧へ

お歳暮を贈るときのマナー

お歳暮とは?

日頃お世話になっている方に対して、1年の締めくくりにお礼の気持ちをあらわすもので、毎年継続的に贈るものです。

お歳暮はもともと、相手方の家に持参するのが正式な渡し方ですが、現在は宅配便で贈るのが一般的になっています。

お歳暮を贈る時期は?

地域により多少の差はありますが、12月上旬~12月20日ごろまでに届くようにするとよいでしょう。

お歳暮を贈る時期を過ぎてしまったら?

無理に年内に間に合わせようとして年末の忙しい時期に届けたのでは、かえって相手の迷惑になってしまうかもしれません。
贈る時期を過ぎてしまった場合には、松の内(※)までに表書きを「御年賀」として贈る方法もあります。その後立春(2月4日頃)までの間なら「寒中御見舞」としてお贈りましょう。
その際、先方にお歳暮として贈れなかったことのお詫びと、年明けに贈る旨を一言伝えておくとよいでしょう。

※門松などのお正月飾りをを飾っておく期間のこと。地域によって差があり、関東では1月7日まで、関西では15日までとされています。

お歳暮の のし紙の体裁は?

のし・水引 紅白のし紙・蝶結び
※何度あっても良いという意味から、お歳暮には、繰り返し結び直せる蝶結びを使います。
※海産物の場合はのしなしに。
表書き お歳暮
御歳暮
名入れ 贈り主の姓
(知り合いに同じ姓の人がいればフルネーム)
お歳暮に贈る金額の目安は?

あまり高額だと相手様に心苦しく思わせてしまうこともありますので、一般的には、3,000~5,000円程度が目安です。
特にお世話になっている方や、企業様の場合には、5,000円~10,000円程度のものを贈る方が多いです。

また、お中元とお歳暮を両方贈っている場合、お中元よりも2〜3割程度、金額が高いお品を選ばれることが多いようです。

お歳暮に贈るものは?

ビールやハム・ソーセージ、お菓子などの定番に加え、近頃は「厳選素材を使ったもの」や「健康志向のもの」も人気が高く、常温で保存できる加工食品も喜ばれます。

■当店のお歳暮ギフトおすすめポイント

  1. お野菜のポタージュに、お味噌のコクを加えた「見た目も華やかなごちそうスープギフト」
  2. 健康志向の方に喜ばれる厳選素材と化学調味料無添加
  3. 常温で長期保存可能な常温パックやフリーズドライ商品もあるので、直接お渡しでも安心
  4. 贈り先が数名で分けることや、何日かに分けて食べることを考えると「個包装」「日持ちする」は大切なポイントです。
    例えば企業様なら、分ける際の手間が少なく便利。お贈りする担当者様はもちろん、スタッフの皆さんにも好印象です。

みそポタ・お歳暮ギフト一覧へ

頂いたお歳暮にお返しは必要でしょうか?

通常、品物でのお返しは必要ないので、お礼状をお送りするとよいでしょう。
しかし、目上の方からいただいた場合など、気になる場合には「御礼」の表書きでお返しをします。

先方が喪中の場合は?

お歳暮は、先方が喪中の場合でも贈ってもかまいませんが、忌明けが過ぎてからがよいでしょう。忌明けがお歳暮の時期を過ぎる場合には、「御年賀」、「寒中見舞い」として贈る方法もあります。

ただし、のし紙に慶事を表す紅白の水引をつけることは避け、包装紙の上に、白無地のかけ紙をし、表書きを書くようにしましょう。

今年だけお歳暮を贈りたい場合には?

継続的に贈ることが原則のお歳暮ですが、お世話になった年にだけ贈りたい場合には、表書きを「御礼」とするとよいでしょう。

みそポタ オンラインストアでは現在お使いのブラウザの表示をサポートしておりません。動作保証外となりますので、一部正しく表示されないページがあります。
みそポタ オンラインストアではGoogle Chromeでのご利用を推奨しております。

Google Chromeで表示する